ニキビを早くキレイに治す美容皮膚科ランキング【大阪編】

ニキビ治療で定評のある大阪の美容皮膚科を紹介します。

HOME » 美容皮膚科でできるニキビの治療法をチェック! » レーザー

レーザー

レーザーによるニキビの治療についてまとめています。

レーザーでのニキビ治療

ニキビやニキビ跡にピンポイントでレーザー光線を照射することで、肌の状態を改善できるレーザー治療。

レーザー治療を受けることで、ニキビによる赤みを抑えることができますし、ニキビ跡のクレーター解消にも高い効果を発揮します。

ニキビの治療に使用されるレーザー機器は、炭酸ガスレーザーやフラクセルレーザーなどがあります。

炭酸ガスレーザー

炭酸ガスレーザーは、炭酸ガスを含む発振効率のよいレーザーを肌に照射することで、気になる部分の組織のみを蒸散させていきます。

使用するレーザー光は水に吸収されやすいため、肌に照射するとそのほとんどが皮膚組織の水分に吸収されます。このとき熱エネルギーが発生し、瞬時に組織を気化・蒸散させるのです。

この方法はニキビのほか、ほくろやイボ、ウオノメ、シミなどにも有効です。

治療には局部麻酔や麻酔シートを使用するため痛みはほとんど感じないでしょう。

ただし、組織が再生するまでに時間がかかり、軟膏をつけたり、テープを貼るなどのケアが必要です。また、かさぶたが取れるまでは紫外線を浴びないように注意しなければなりません。

フラクセルレーザー

従来のレーザー機器は、肌の修復や改善のために働きかけるものでした。一方、フラクセルレーザーは、肌そのものを入れ替え、新しい肌に生まれ変わらせる画期的なレーザー治療機器です。

ニキビやニキビ跡のほかにも、くすみや色素沈着、シワ、たるみ、傷跡、火傷跡などの肌トラブルに悩まされている方にお勧めの方法です。

フラクセルレーザーの照射によって肌を新しく生まれ変わらせることで、肌全体を活性化させていくので、高い美肌効果が期待できます。

この機器は、効果はもちろん安全性も高く、アメリカの厚生労働省にあたるFDA(アメリカ食品医薬品局)からも承認を受けています。

フラクセルレーザー治療には、多少の痛みを伴うため、麻酔を使用することが多くなっています。

また、治療後に熱感が残ったり、肌にヒリヒリ感や赤みを伴うことがありますが、術後に冷却ケアを施すため、すぐに肌は落ち着き、その日のうちにメイクができるようになります。